チラシ広告作成のお役立ちガイドです。 内容としては、不定期多数向けのチラシなどに有効な内容です。
チラシ広告作成ナビのカテゴリ
月別アーカイブ
チラシ広告作成ナビのリンク
テンプレート確認のため、タイトルの位置を右寄せにしてあります。
ブロとも申請フォーム
テンプレート確認のため、説明文を中央寄せにしてあります。
テンプレート確認のため、説明文を中央寄せにしてあります。
チラシ広告作成ナビの QR コード
テンプレート確認のため、コンテンツ部分を右寄せにしてあります。
QR
テンプレート確認のため、コンテンツ部分を右寄せにしてあります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
反響に繋がる動作を記載する場合と記載しない場合で、反響率は大きく異なります。


今すぐの動作を促す。

販売する商品を独占している場合は、お客様自身のタイミングでの購入が期待できますので、問題ありません。

しかし、商品を独占しておらず、お客様がその商品を別の商店などから購入できる場合、今すぐの動作を促せなければ、お客様を集める事はできません。


例 → 限定 300 個、今すぐお電話下さい!


お客様の行動を誘導する。

例えば、「中古車選びは、●●●」、「週末は、●●住宅展示場へ」 など、お客様へ反響に繋がる動作をイメージさせる事で、商品を購入する場所、時間などを、コチラ側で絞り込む事ができます。


例 → 週末は、●●住宅展示場でデートせよ!


→ チラシ広告作成ナビの目次
→ チラシ広告作成ナビのトップ

2013/02/02 17:08 広告一般 TB(-) CM(-)
パレートの法則 」 より、商品とお客様を絞り込みます。 客層は絞れるだけ絞る方が効果が高いと一般的に言われています。 できれば、地道なマーケティングを行い、自社の商圏内で人気のある商品と、それを必要としているお客様を絞り込みます。


人気のある商品を絞り込む。

まずは、人気のある商品を売りましょう。 実際に何らかの理由で頻繁に売れている商品です。

売れている理由、買い易い理由などをリサーチします。 逆に、売れない商品を売るための広告は作成しません。

売れない商品は、お客様も欲しがりませんので、集客には繋がりません。


POINT → 売れない商品は広告しない。


必要としているお客様を絞り込む。

性別、年齢、地域、趣味、生活環境など、商品に対して相性の良い客層を絞り込みます。

人気商品の魅力を全て書き出し、その魅力の中で重要度の高いと思われる一点に対して、それを必要とする客層を探します。


POINT → お客様像を絞り込む。


お客様に呼びかけます。

絞り込まれた客層に該当するお客様が、その呼びかけを目にした場合、「私だ!」 と気付くような絞り込みです。

詳しくは 「 キャッチコピー 」 をご参照下さい。


→ チラシ広告作成ナビの目次
→ チラシ広告作成ナビのトップ

2013/02/02 17:08 広告一般 TB(-) CM(-)
イタリアの経済学者、「ヴィルフレド・パレート」 が発見した冪乗法則です。 「80 対 20の法則」、「ばらつきの法則」 などとも呼ばれています。

経済において、結果となる数値の大部分は、一部少数の要因による場合が多いという内容で、「80 対 20 の法則」 と呼ばれるのも、結果となる数値の 80 %は、20 %の要因によるとの解釈からです。 絶対法則ではないのですが、近い値に落ち着くことが多いと言われています。




・ 売上の 8 割は、全商品中 2 割の商品の売り上げによる。
・ 会社の売上の 8 割は、2 割の社員の働きによる。
・ 売れ筋商品の人気の理由の 8 割は、商品の一部の機能による。


事業への利用

ターゲットを絞り込み営業活動行う事で効率が良くなるという話へ繋がっていきます。 80 %の結果を生み出す、20 %の要因に 2 倍の投資をすると、理論上 160 %の結果が出る事になります。


→ チラシ広告作成ナビの目次
→ チラシ広告作成ナビのトップ

2013/02/02 17:07 参考 TB(-) CM(-)
recommend
検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
テンプレート確認のために表示しています。
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
テンプレート確認のために表示しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。