チラシ広告作成のお役立ちガイドです。 内容としては、不定期多数向けのチラシなどに有効な内容です。
チラシ広告作成ナビのカテゴリ
月別アーカイブ
チラシ広告作成ナビのリンク
テンプレート確認のため、タイトルの位置を右寄せにしてあります。
ブロとも申請フォーム
テンプレート確認のため、説明文を中央寄せにしてあります。
テンプレート確認のため、説明文を中央寄せにしてあります。
チラシ広告作成ナビの QR コード
テンプレート確認のため、コンテンツ部分を右寄せにしてあります。
QR
テンプレート確認のため、コンテンツ部分を右寄せにしてあります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
イタリアの経済学者、「ヴィルフレド・パレート」 が発見した冪乗法則です。 「80 対 20の法則」、「ばらつきの法則」 などとも呼ばれています。

経済において、結果となる数値の大部分は、一部少数の要因による場合が多いという内容で、「80 対 20 の法則」 と呼ばれるのも、結果となる数値の 80 %は、20 %の要因によるとの解釈からです。 絶対法則ではないのですが、近い値に落ち着くことが多いと言われています。




・ 売上の 8 割は、全商品中 2 割の商品の売り上げによる。
・ 会社の売上の 8 割は、2 割の社員の働きによる。
・ 売れ筋商品の人気の理由の 8 割は、商品の一部の機能による。


事業への利用

ターゲットを絞り込み営業活動行う事で効率が良くなるという話へ繋がっていきます。 80 %の結果を生み出す、20 %の要因に 2 倍の投資をすると、理論上 160 %の結果が出る事になります。


→ チラシ広告作成ナビの目次
→ チラシ広告作成ナビのトップ

スポンサーサイト
2013/02/02 17:07 参考 TB(-) CM(-)
アメリカの経営アドバイザー、「エルマー・ホイラー」 の販売ノウハウです。


ホイラーの法則の概要

01 - ステーキを売るな!シズルを売れ!
02 - 手紙を書くな!電報を打て!
03 - 花を添えて言え!
04 - もしもと聞くな!どちらと言え!
05 - 吠え声に気をつけよ!


ステーキを売るな!シズルを売れ!

このシズルとは、ステーキを 「ジュージューッ」 と焼く、あの音の事です。 肉を売りたいなら、焼かれている肉の音、味、匂いなどを掲載すると、販売促進に大きな効果があります。 肉の場合であれば、ほしいと思わせるのではなく、食べたいと思わせるという事、直感的に、商品・サービスから得られる、メリットを連想させましょう。


手紙を書くな!電報を打て!

シズルをできる限り少ない言葉でまとめて下さい。 営業であれば、最初の 10 秒間、広告であれば、最初の 10 語、この短い間に、お客様に与える影響が、全体を左右します。 ここで、良い印象、直感的メリットを連想させる事ができたなら、お客様が商品・サービスを購入する可能性は、より高くなります。


花を添えて言え!

言葉を動作や表情で、補強して効果的に伝えて下さい。 言葉を効果的に伝えるための工夫をしろという事です。 広告の場合であれば、デザイン的な表情を工夫しましょう。


もしもと聞くな!どちらと言え!

お客様とテンポの良い会話するためのコツです。 お客様が 「はい」、「いいえ」 と返すような質問をするのではなく、単語、文章で答える事ができるような質問 「どちらへ?」、「どうして?」 を心掛けて下さい。 次の会話を作る要素にもなりますし、お客様の事を知る事もできます。 会話をするだけで成立する商売であれば、より心地よいテンポでの会話を作る事ができます。 また 「買う」、「買わない」 といった答えを要求せず、「趣味は?」、「どちら派?」 など、答える楽しさ、答える事が楽しい空間を作り、商品を選ぶ楽しさへと繋げて行きます。


吠え声に気をつけよ!

言葉は話し方次第で、相手に与える影響が異なります。 シチュエーションに見合った、話し方、多くの場合、笑顔とやさしい話し方を心掛けて下さい。




2013/02/02 17:04 参考 TB(-) CM(-)
recommend
検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
テンプレート確認のために表示しています。
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
テンプレート確認のために表示しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。